2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

文化・芸術

2020年7月18日 (土)

記録のふりかえり

議事録やアーカイブは、なるべく正確でないといけないのは、権力者によって都合よく書き換えられた歴史があるから。

ところで、あいちトリエンナーレ、表現の不自由展再開の以下の記事を読み比べると、どのような印象を受けますか?

ARTiT 2019年9月9日のあなたへ の田中巧起さんの文章

再開の一番の理由は、不自由展実行委員会が仮処分申請を裁判所に出していたことだからだ。あとはいくつかの要素がパズルのように組み合わさって物事が進むんだけれども(これについても次の手紙で詳しく書く)。もちろんReFreedom_Aichiという運動体自体は一定の力をもったかもしれないし、それぞれのプロジェクトには個別の意義があったかもしれない。でも全体としては表面的なパフォーマンスに終始しているようにしか見えなかった。ただ、再開に向けた立役者は藤井光さんと小泉明郎さんだから(それ以外にどんな動きがあったのかぼくが知らないだけだとも思うけど)、彼らもReFreedom_Aichiの一員であるという意味において、ReFreedom_Aichiも再開に絡んでいたといちおうは言えるかもしれない。

ハガジンから引用 村山悟郎さんへのインタビュー記事

村山 再開の内定を僕らが知るような機会はなかったですよ。再開を目指して具体的に協議に入りたいと知事が表明したのが9月25日でしたね。ただその10日前に不自由展実行委員会が芸術祭実行委員会を相手に仮処分申請、つまり法的措置に出ていた。これによって一時期はかなり再開が不透明な状況になってました。

(中略) 

HZ なるほど。それまで津田芸術監督、アーティストたちが、非公式な形で再開に向けての調整をしていた一方、不自由展実行委員会はそれとは異なるロジックで動いてしまった、と。ただ、その後、展示は実際に再開されることになります。不自由展実行委員と芸術祭運営側はどのように折り合いをつけたのでしょう。

村山 どうなんでしょうね。ギリギリの交渉で、不自由展と知事が最終的にどういう判断をしたのか、ぶっちゃけよく分かりません。ただ一つ申し添えるとすれば、あのタイミングで、アーティストの介在もあったんです。それは藤井光さんのボイコットです。不自由展実行委員が法的措置に出て、状況が見えなくなった9月22日のタイミングです。そのさい藤井さんは、10月5日を期限にして、不自由展と芸術祭が和解協議で合意しなかったら、ボイコットアーティストたちは永久に展示を再開しないという交渉も同時に行っていました。タニア・ブルゲラをはじめ、ボイコットアーティストたちは、不自由展が再開するなら自分たちも再開すると言ってきたわけです。それに期限を切って、藤井さんも加わった。不自由展と近い立場で交渉の橋渡しをしてきた藤井さんが、不自由展側にもプレッシャーをかける形になりました。

つまり、和解協議をずるずる引き伸ばしてでも、理想的な形でオープンしさえすれば良い、ということではなく、5日までに再開せよ、と明確にした。これにより、不自由展実行委員も自分たちの闘争を続けてゆけば、芸術祭全体を壊すことになってしまう。そういう状況になった。

ARTiT 再び2019年9月9日のあなたへ 田中巧起さんの文章

再開のための強力な一手は不自由展実行委員会による仮処分申請だったと思う。これが再開を決定できる大村知事へのプレッシャーになったはず。なぜなら、藤井さんが言っていたように、大村知事から裁判所にその決定権が移ってしまうわけだから。知事自身が再開したというストーリーを作るためには、裁判所命令が出る前に決定しなければならない。しかし、文化庁補助金不交付というより大きな問題が出てきたことで、両者は歩み寄り、和解する。その後、多少もつれるにしてもなんとか不自由展は再開にこぎ着け、ぼくも含めたボイコット組のアーティストたちも同時に展示を再開する。観客には、きっとそれはハッピーエンドに見えたと思う。

その意味では、ReFreedom_Aichiが行った抗議署名に10万人以上が賛同したことは希望でもあると思う。ただ残念なことに、この署名は2020年5月現在、まだ文化庁には手渡せていない。

201912_20200712141701

これは、同じく不自由展が再開した頃を記録した「創」の記事。

「フェルナー」「シュライト」「アンスバッハ」など仮名になっているところは、田中功起さんの文章に出てくる人です。実際に見たわけではないけど、おそらく間に立って心を砕いて説得したりしたのでしょう。

不自由展実行委員が仮処分申請をして 審尋前に不自由展側の要求に(ある部分は双方妥協して)応じて再開が決定したはずですが、同じことを見て書いても印象が変わるというか。

 

私はReFreedom_Aichiに対して良いことだから参加して当然というような高圧的なものを感じ、パフォーマンスに見えてしまっていたのだけど、この活動には、「あいち宣言・プロトコル」という行政と関わりながら愛知での現代美術の基盤づくりという目的があったと思います。

そこが不自由展との大きな違いかなと思います。

再び田中巧起さんの文章の引用

9月19日、「あいち宣言・プロトコル」のことで村山悟郎くんと話す。ぼくは観客の見る権利についての項目に違和感があった。それについては前々回の手紙で書いている。
また「芸術の自由」を守ると宣言するその主語は、最初「愛知県」、最終版ではあいちトリエンナーレ実行委員会会長である大村知事を想定している。しかしぼくはそれでいいのだろうか、と思っている。「芸術の自由」という、もっともアーティストが大切にすべきことを、行政の庇護の元に宣言するということは何を意味するのだろうか。宣言させることによって、その中で語られている自由が、行政機関によって実際的には守られるのかもしれない。それは逆に言えば、その自由が行政によって認められたり、認められなかったりすることを受け入れることでもあると思う。自由についての判断を明け渡すことように見えてしまうこと、つまり理念をとるか、実効性をとるか、ぼくには判断がつかない。

難しく判断つきませんが、安田はあいちトリエンナーレ会期中は知事を支持していました。

行政の長に理解がある人は必要だし、日本全国がそうであって欲しい。

ただし、あいちトリエンナーレの脅迫は、右派政治団体か政党あるいは賛同者の可能性が大きいので、

政争の面も大きいと思います。つまり状況は流動する可能性がある。

そういうものの「下」にアーティストの発想及びアート作品が委ねられてしまうのは危険ではありますね。

 

ただ、あと一つ気になっているのは、「誰がこれを治めたか」という張り合いになっているように見えること。

もちろん私にだって「私がやってやった!」と言いたい気持ちはありますが。

田中功起さんの文章から引用

あいトリの問題はレイシズムをどう解体し、ナショナリズムをどのように再考するのかをめぐるものになるはずだったと前回書いた。それが文化庁の補助金不交付を期に「表現の自由」をめぐる戦いへと発展していった。「表現の自由」ももちろん大切。コロナ禍において集会の自由も移動の自由も強く制限されている中、もう一度それは考えられるべきだと思う。でも、あいトリ全体を通しては、いつの間にか前者の問題は脇に追いやられてしまったと思う。

 

本来はここ10年ぐらいで増えた「差別的な言説」で「票」つまり「国民の賛同」が得られるという現象への危機感だったのでは?

と、思うのだけど。

差別的な言説=ヘイトスピーチは絶対にだめだし、殺人や犯罪に繋がる表現は自由なのか(つまり表現の暴力)私はそこは一考に値すると思うけど、表現の自由は大事で、「自粛」なんぞしてはいけないと思います。

 

 

2020年5月 2日 (土)

Bloom Studio OPEN!  表現の不自由展・その後 を振り返る

2012年に6年目に突入した芽が出るプロジェクトは、「つながりひろがる地域支援事業」をこれまでの子供向けだけではなく大人に向けても継続して開催してほしいと市役所の人に言われ、それなら哲学対話がやりたいと、アートの話を聞いた後、哲学対話を行う「出没美術夜話」を始めました。

 

1回目のゲストはアライ=ヒロユキさんです。

当時「カオス・ラウンジ」がTwitterなどで話題なもののよくわからなかったので、アニメなどサブカルに詳しいので教えてほしいとお願いしました。

 

当時の「カオス・ラウンジ」は賛否両論で、SNSで喧々轟々だったせいか当日は定員以上の人が来場し、

アライさんは2ちゃんでいろいろ書かれたりしていたようで、カオスラ賛否に分かれてなかなか緊張感のある開催でした。

芽が出るプロジェクト記録集(後編)

に詳細を掲載していますので、ご覧ください。

 

2019年あいちトリエンナーレ、安田はパートナーシップ事業として円頓寺のギャラリーブランカでイベントを行いました。

2012年のプレイベントでゲストに来ていただいた、鷲田めるろさんがゲストに来てくださいました。

記録映像はYouTubeをご覧ください。↓

2019 Aug 24 Aichi Triennnale 2019 Partnership event Seedproject Screeninng and Talk

表現の不自由展・その後で炎上し、展示室が閉まってしまう中「種をまくプロジェクト」を上映し、そこで起こったことを語り、またどうしていくと良いのか?を来場者と語り合いました。

2022年に一宮に愛知トリエンナーレを誘致する会
のメンバーがその時のことを書いてくださいました。↑記事はこちら。

Img_9367

途中から津田大介さんが参加してくれました。

 

表現の不自由展は2015年に東京のギャラリー古藤で一回目が開かれてますが、安田は「とても責任を負いきれない」と感じて見に行ってません。

そして津田芸術監督がトリエンナーレのメニューに加えたと聞いて、「勇気があるな」と思いました。

2019年8月24日のイベントでは、展示が再開するように最後に津田氏を応援しています。(リンク動画の最後部分をご覧ください)

ちなみに表現の不自由展・その後が展示再開した日にも見に行きました。

再開した日の様子はYouTubeでご覧ください。↓
2019年10月8日 あいちトリエンナーレ 展示再開!
Dsc_1587

再開するまで閉まっていた扉の前で、アライ=ヒロユキさんと。

表現の不自由展は結局見れませんでしたが、「やりたいことを個人やグループで手探りしながら手作りで小さくてもやり遂げる」という姿勢に、安田は共感します。

そしてそれがいわゆる硬直化した従来のやり方を、脅かすような面白さを持つことがあると思います。

Img_8163 Img_8161

これは2017年にスペインのレーナソフィアで見た映像の写真です。

「ファランヘの女性たち」のポストカードは、戦意高揚を目的にした日本の戦争画と同じプロパガンダです。

何かを宣伝する目的であるいは役に立つというのではなく、近代以降のアートは、基本的にアーティストのやりたいことから発するべきではないかと安田は考えています。しかし、現代に生きるアーティストであるからには、他者に見せたり働きかけた時点で、その時の社会状況を反映するのは必然で当然です。
おそらく平和の少女像も最初の作家の意図は被害者女性に深く共感したのではないでしょうか。そこから広がる活動というのは新しく、多くの人の心を動かしたのだろうと思います。

ところで、アーティスト・ラン・スペースの先駆けともいえる自宅展 を安田は夫の詫摩昭人と1997年に実施しました。132人が来訪し、京都新聞などに記事掲載されました。
_0003dm

この度、COVID19で自粛が続く中、新たな展開を模索して自宅の踊り場にBloom Studioを開設しました。
Bloom Studio

ここでZOOMを使った双方向イベントを行います。

詳細とチケットは以下のリンクをご覧ください。↓
Bloom Studio ZOOM Party vol1

ゲストはアライ=ヒロユキさんです。

種をまくプロジェクトの記録映像をみた後で、話をするというスタイルは同じですが、
表現の不自由展・その後についても聞きたかったことを直接お話しできます。


上記のリンクからチケット1000円をお求めいただいた方に、招待状を送付します。

新しいことを始めるのは、勇気が必要だったり、拒否感を感じてしまったり。
歴史的に見ても例えば印象派は鉛のチューブや色彩理論といった近代の知識や日本などの異文化に接して新しい描き方を始めたのですが、最初は伝統的なサロンに受け入れられませんでした。

しかし現代ではどちらかというと保守的なイメージです。

しかしそうなるまでにその途中で何があったのか、どうしてこうなったのかを振り返るのは未来を作る為にも必要なことではないかと思います。

ぜひご参加ください。

2019年7月 3日 (水)

エロ とアートの関係性

エロスというと、アートの場合、大概女性のおヌードが出てきます。

ルネサンスのあった15世紀前後から神話の主人公を装わせて、

好きな女性を描いていたり。

Majan Majas

ゴヤも愛人と噂される人物を着衣と裸で描いてます。

最近でもエロをテーマにした作品はちょいちょいあり

ゾーニングされてたり、されてなかったり。

最近よく耳にする「ポルノは上流階級が認めないから、現代美術にとり入れる」

というのは、、、なんだかな〜。

一応女性として生きていると、
「これぐらい理解できるのが『良い女』だ。」
みたいな感じでエロネタを話してくるとか、
10代でもわざわざ卑猥な言葉を言わせたいだけだろうということを
言ってくるときがあってこれは

エロいのが嫌というよりは、

勝てそうな相手に嫌がらせしている感触

が卑怯でムカつく。

 

そしてポルノの本質とは単に性行為を見せるだけではなく、

力の差で相手を服従させ、

それが相手も快感だと思わせる(思い込む)ことではないかと。

男性が支配的なもの(あるいはその対象になっているという女性からの視点)だけ大絶賛な感じがします。

世間が認めない〜と、表現弱者のように振舞うのは、

如何なものか。


社会に出たら多勢で決定権を握ってて、

どうかするとやんわり全力で断ったり、

笑顔で逆手に取って話を通したり、

時には怒ったりで
日々かわしている身からすると
そっちの方が、多いやん。

そして、作品にエロがないと「なんだつまんない」

みたいなプレッシャーを与えられるのも、なんか、ムカつく。

清廉潔白できゃんきゃん言う女も好きじゃないけど、

なんと言うか、それがわからないようじゃアーティストじゃないね、ふふん。

って、のは片方だけの櫂で狭い男性主義アートという安全な海を漂っているに過ぎない。

と、わたしは思う。

 

2019年7月5日〜7日開催のART OSAKA 2019 に

eitoeikoから出品します。

Dsc_1686

お買い上げ頂いた方限定で

安田特製エロビデオ

omake movie TIPICO
ご視聴いただけます。

エロに対する安田の様々な思いを感じていただけましたら幸いです。

*この作品はTwitterで相互フォロー中のbb-182さんなどの画像を使用させて頂いています。購入された方のみお楽しみください。

 

2018年9月30日 (日)

外来種の絵が出来るまで

今回「外来種」をテーマにするにあたって
最初、ヤン・ファーブルみたいにコガネムシを
実際に集めて作品にしようか
などと考えていたのですが、
「種」だと植物だし、
直接環境省にお問い合わせした方が
いいかなっっっっ
などと思いまして、
環境省のHPに掲載されている画像を使いました。

HPのスクリーンショット。
20180226_145407

ナガエツルノゲイトウの画像。
Nagaetsuru2

これを鉛筆で輪郭だけ描いてみたのが2017年12月21日。
Img_20180930_121652_571

水彩(時々遊びで描いたりはしていたものの、ちゃんと描くのは高校生ぶりかも)
で描いたのが同じ年の12月28日。
Img_20180930_120016_457

他の外来種の画像も試して、
もう一度描いてみたのが、2018年3月18日。
Img_20180930_120741_749

ちなみに水彩はボタニカルアート風に、背景を白く抜いています。
その時は、ロイヤルコペンハーゲンの「フローラダニカ」シリーズを意識して、
現時点での国の姿‥などと思いながら描いています。
Dsc_0880
画像は有楽町にあるロイヤルコペンハーゲン旗艦店のフローラダニカ。

油絵にしてみては?とのアドバイスを受けて
スペイン留学以来25年ぶりぐらいに描いたのが2018年4月。
Img_20180908_074916_379

1993年のスペイン(マドリッド)留学中はデッサンがほとんどで、
あまり油絵を描いてませんが、
プラド美術館で再三見たリベラなどの
下地を茶系統で描くやり方で
やや宗教画のような意識を持ちつつ
過度に美化したり劣化させないように描きました。
Ribera_andres01
なんとなく、背景の黒のテイストが似ているかと
余談ですが、スペイン絵画は他の作家も黒が美しいですね。

昨年危険生物がよく取り上げられ、
外来種が過度に危険視されるのも
楽観視されるのも
どうも違うなと思ったからです。

つまりは「脚色」の危険性ですね。

もともと観賞用で導入されたような経緯があるせいか、
写真で見ていても美しい。
美しいものは遠くから様々な物を
良くも悪くも結びつけてしまう。

外来種でも美しいものは美しい。
でも安易に考えて増やしてはいけない
それはなぜなのか?

そこが生命の謎であり魅力ではないかと、
わたしは思います。

2018年9月21日 (金)

安田早苗 種をまく人 記録映像上映会のお知らせ

安田早苗個展 種をまく人
展示の最終日である2018年9月22日に
「種をまくプロジェクト」記録映像上映会を開催します。

Unnamed
Unnamed1

17時〜
18時〜
の2回です。

上映の合間と終了後は
外来種であるアカツメクサの花酒や
ソフトドリンクなどを
お楽しみいただきながら
ご歓談いただけます。

入場無料 
予約不要

今回、本当にミニマルでスッキリした良い展示ですが、
映像を見ないと「種をまくプロジェクト」
についてよく分からないと思います。

記録映像はネットなどで公開せず、
実際に見ていただく形で
これまでも、これからも上映します。

これまでご覧いただいた方には、
ご共感いただけるポイントがいくつかあり、
お楽しみいただけるようです。

お気軽にお越しください。

2018年8月18日 (土)

外来生物のなにが悪い?

安田早苗、20年ぶりの個展「種をまく人」を9月1日〜22日まで開催致します。
場所は神楽坂にあるユニークかつお洒落なギャラリーeitoeikoさんです。
プレスリリースはこちら

9月1日(土)18時〜20時、国立環境研究所の五箇公一先生
による講演「外来生物のなにが悪い?」と
種をまくプロジェクト上映会を開催します。

最近、池の水を全部抜く番組や
ノネコなどで話題の外来種ですが、
一体なにが悪いのか?
実際どうすれば良いのか?
様々な疑問がわいてきます。

そして種をまくプロジェクトとの関わりは?

一般からの質問の時間も設けますので、
ぜひご予約の上、ご参加下さい。


ウェブサイト www.eitoeiko.com
お問合わせ ei@eitoeiko.com 担当 癸生川(きぶかわ)


Ppho5

ウエブ版美術手帖に記事掲載されました。

Peatixでもお申し込みできます。


2017年7月27日 (木)

夏の工作教室3回目

今年も工作教室をお願いしたい‥とのことで、
児童クラブに行って参りました。

今回は、ビー玉が入っている起き上がり小法師を作ります。
Wj1

夏休みとはいえ、ご両親は仕事なので、大勢いて賑やかです。


Wj2

スタートとゴールを決めて、その間を二本線で繋げて道を作ります。
くるりと曲げられたら良いね、という説明をしましたが、
一年生はレントゲン図法の年齢なので、
ちょっと難しい。

Wj3_2

指導員さんたちが線を入れてくれたところを切って、
両面テープをつけると箱型になります。
ビー玉を使った起き上がり小法師を
作るのがなかなか大変でしたが、
皆、集中し、頑張って制作してくれました。
楽しかったです。


2016年2月24日 (水)

市民企画講座にて講演させて頂きました♬

アートネット@まちださん企画による町田市生涯学習センター 市民企画講座
Shiminnkikaku
にて、2016年2月20日(土)に講演させて頂きました。

1960年代から2000年代にかけて、主に画廊や美術館外で団体や個人で行われる
パフォーマンス、イベント、アースワーク、サイトスペシフィックなどなど
の紹介のあと、「種をまくプロジェクト」と「芽が出るプロジェクト」
の紹介をする…という流れでしたが、
自分自身も整理されて、大変良い機会を頂いたと思っています。
感謝・感激。

作品はほとんど捨ててしまっているので、やはり記録は大事ですねえ。
残部がある記録集を持っていったところ、受講生の方々が皆さん全部
持ち帰られました。

記録集について、ご興味ある方がおられましたら、
megainfo1968*gmail.com(*は@に変えてください)
まで、お問い合わせ下さい。

2015年10月12日 (月)

中学校で絵を見て哲学対話してみました☆

2015年10月9日(金)ご縁があった某中学校の文化祭にて、
展示鑑賞の時間帯にワークショップのメニューの1つで
哲学対話+対話鑑賞を安田がコーディネーターとして
ご提案させて頂きました。

他にもワークショップを実施している最中の体育館で
どうなることやら…でしたが、
なかなか面白い催しになったのではないかと。

11059903_876655572454575_5210636685

今回は、大学生の作品を3点展示して、それを見ながら語りました。

ファシリテーターは、芽が出るプロジェクトの
「出没美術夜話」もお願いしていた
村瀬智之氏と小川泰治氏、
どちらも「子どもの哲学」に知識も経験も豊富な方です。

絵を見てそこから受ける印象を自由に話していって、
「ではどうしてそう思うのだろう?」と一般化しつつ深める…
という流れでした。

実際は一時間ほど実施しましたが、
3分ほどのサンプル映像はコチラです。

対話による鑑賞と似て非なる感じが面白かったです。

講師の村瀬さんが「錨となる作品があったのがよかった」
と言われてましたが、
きっかけとなる絵画は、
見方によって様々なイメージを
喚起する現代絵画だと
意見が広がるなと思いました。

また、当日は他にもワークショップをしていまして、
1つはボトルキャップを使ったワークショップ。
12143219_876655585787907_2018301055


もう1つはブーメランを作って飛ばすワークショップ。
12079108_876655542454578_3177221149

どちらもアクティブな催しで、中学生は夢中になっていたようです。

これまで哲学対話は静かな部屋で
じっくりと取り組む事が多かったのですが、
遠くからちょっと入りたくても入れないで見ていた生徒にも
どんどん声をかけたところ入れ替わり立ち代わり来ては
様々なことを発言していくので、講師の小川さんは
「道ばたから始まった原始の哲学のようだ」と言われてました。
そういえば、哲学ってそうやって始まったんですね。

それにしても絵画って色々な意味をぎゅっと閉じ込めて、
謎が謎を呼ぶ面白い存在だなあと思いました。
絵を見て語るのって楽しい〜。


2015年8月 4日 (火)

おつかい横町に妖怪を描こう!

メガプロは終了したのですが、たまたまお話を頂きまして、
お友達2名にお手伝い頂き、安田早苗個人として
学童にて50人ぐらいの児童にワークショップしてきました。

テーマは「横町」で、まずは大きなローラーで道を描き、
小さいローラーで小道をつけ、
包装紙などを紋きりを応用して建物を作り、
白クレヨンで妖怪を描き、タンポなどで絵の具を載せていく。

と、いう1つ1つは簡単な工程を30分づつぐらい入れた課題で、
普段は何事も興味がなく集中して作業しないとのことですが、
2時間結構集中して作業してくれました。

大きな作品ってやるまでの準備とか大変…で、
なかなか出来ないものですが、
記録集をお渡ししたところ、
「学童の先生全員で相談して、
大きな作品に手で描くようなのが
いいね〜ってことになった。」と、
依頼を受けてから考えたので、
ちょうど先方のニーズに合致したのが
良かったのだと思います。

子どもならではの発想が道の形や切り紙、
妖怪の絵や絵の具の作業ででていて、
すごく面白くて楽しかったです。

そして後日お聞きしたところ、
子ども達も親御さんに「ここ自分で描いた!」
と、得意げに話していた場面が見られたようです。

Ku2


Ku3


Ku6

今後も安田個人へのワークショップのご依頼など受け付けます。
megainfo1968*gmail.com
(*は@に変えて下さい)
までお問い合わせ下さい。

より以前の記事一覧