2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ペット

2018年10月19日 (金)

ペットを飼うということ

9月30日に女優の樹木希林さんがなくなりましたね。
樹木希林さんの最後の様子
樹木さんは「子供に育ってもらいたい。
死に様も含めて見てもらいたい。
それが私の願いだ」と言っていたそうです。

死に様を見るというのは
なかなか大事なことだと思います。

安田は、93年に夫とともにスペインに留学して
シルクロ・デ・ベラスアルテスというところで、
主にデッサンなどを描いてました。
Dsc_0959
安田が描いたデッサン

スペインではテレビでも死体を写すことが多く、
生物画でも動物の死骸もあり、
死を思え=メメントモリ
の思想を感じることが多いです。

これは死を忘れるなという意味の言葉で、
現世での楽しみ・贅沢・手柄が空虚なものだという意味だったり、
死神が貧乏人も金持ちも等しく連れ去る、
などの意味を持つこともあります。

それを受けて、安田早苗90年代作品
では、死を連想させたり、
体験させる作品であったり、
というものを作っていました。

ところで、2018年9月1日〜22日eitoeikoで開催した「種をまく人」
で、Twitterで大変お世話になった 
ちゃんねるごきぶり
さんが、度々ペットの終生飼育を訴えておられます。

今まで知らなかったんですが、
飼いきれなくなって捨てる人
保健所に連れていく人
が多いんですね。

2018年9月1日(土)の五箇さんの講演でも、
アライグマはアニメの影響で飼う人が増えたが、
3週間もすると手に負えなくなり、
捨ててしまう人がたくさんいた。
との話でした。

安田家は子供の頃、両親が動物嫌いというか、
潔癖なところが(面倒が見きれないものは飼わない)あり、
せいぜい金魚ぐらいしか飼ったことがことがなかったんですが、
仕事で高校生と接することがあり、
動物を飼っている子は、
どこか温かみがあるなぁと感じていました。

そこで、自分の子供が飼いたいと言った時には、
飼ってみようと、
かな〜り決心して
責任を持てる中学1年生の時から
ウサギを飼い始めました。
1525565568934

飼う前にペットショップの店員さんに、
必ず責任を持って飼ってくださいと、
ちょっと怖い感じで言われたのが記憶に残っています。

ウサギは声帯がないので静かだし、
実際に飼ってみてめちゃくちゃ負担ではなかったんですが、
長期に出かける時は預けたり、
調子が悪くなったら病院に通ったり、
暑い時は室内でクーラーの部屋に入れたり、
寒い時はヒーターをつけたり
細々としたお世話は必要です。

で、そんなこんなで8年ほど過ぎまして、
今年の4月は暑かったせいか、
5月の連休にお亡くなりになってしまいました。
Dsc_1064

とても悲しかったです。

死ぬ前はバタバタと苦しそうでした。
大きくなって一人暮らしを始めている
子供も帰ってきてまして、
一緒にペット火葬でお弔いをしました。

そして、やっぱり愛する生物が死ぬのは辛いなあ。
今でも時々夢に見るぐらい辛い体験でしたが、
体験しないとわからないこともたくさんあるなぁと
つくづく感じています。

そして、今、15歳以下の学生と接することがあるので、
自分に何か力を得たくて安易に
「死ね」とか「殺す」という言葉を使うのも
心から悲しい体験をしていないからではないかな‥
などと思えます。

ペットは、一度飼ったら最後まで一緒に過ごし、
深い悲しみを体験した方が、
自分のためにも、
家族のためになると思います。