2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年9月1日(土) eitoeiko 種をまく人 五箇公一氏 講演レポート | トップページ | ペットを飼うということ »

2018年9月30日 (日)

外来種の絵が出来るまで

今回「外来種」をテーマにするにあたって
最初、ヤン・ファーブルみたいにコガネムシを
実際に集めて作品にしようか
などと考えていたのですが、
「種」だと植物だし、
直接環境省にお問い合わせした方が
いいかなっっっっ
などと思いまして、
環境省のHPに掲載されている画像を使いました。

HPのスクリーンショット。
20180226_145407

ナガエツルノゲイトウの画像。
Nagaetsuru2

これを鉛筆で輪郭だけ描いてみたのが2017年12月21日。
Img_20180930_121652_571

水彩(時々遊びで描いたりはしていたものの、ちゃんと描くのは高校生ぶりかも)
で描いたのが同じ年の12月28日。
Img_20180930_120016_457

他の外来種の画像も試して、
もう一度描いてみたのが、2018年3月18日。
Img_20180930_120741_749

ちなみに水彩はボタニカルアート風に、背景を白く抜いています。
その時は、ロイヤルコペンハーゲンの「フローラダニカ」シリーズを意識して、
現時点での国の姿‥などと思いながら描いています。
Dsc_0880
画像は有楽町にあるロイヤルコペンハーゲン旗艦店のフローラダニカ。

油絵にしてみては?とのアドバイスを受けて
スペイン留学以来25年ぶりぐらいに描いたのが2018年4月。
Img_20180908_074916_379

1993年のスペイン(マドリッド)留学中はデッサンがほとんどで、
あまり油絵を描いてませんが、
プラド美術館で再三見たリベラなどの
下地を茶系統で描くやり方で
やや宗教画のような意識を持ちつつ
過度に美化したり劣化させないように描きました。
Ribera_andres01
なんとなく、背景の黒のテイストが似ているかと
余談ですが、スペイン絵画は他の作家も黒が美しいですね。

昨年危険生物がよく取り上げられ、
外来種が過度に危険視されるのも
楽観視されるのも
どうも違うなと思ったからです。

つまりは「脚色」の危険性ですね。

もともと観賞用で導入されたような経緯があるせいか、
写真で見ていても美しい。
美しいものは遠くから様々な物を
良くも悪くも結びつけてしまう。

外来種でも美しいものは美しい。
でも安易に考えて増やしてはいけない
それはなぜなのか?

そこが生命の謎であり魅力ではないかと、
わたしは思います。

« 2018年9月1日(土) eitoeiko 種をまく人 五箇公一氏 講演レポート | トップページ | ペットを飼うということ »

文化・芸術」カテゴリの記事